Aviation Flash ver.2

飛行機を中心とする模型に関する記事を不定期にアップします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロンドン紀行-Imperial War Museum編

L1000654_1.jpg

ミリオタの殿堂。


L1000653_1_20091012195242.jpg L1000650_1.jpg

英国旅行記の最終回は、Imperial War Museum編。ここは、第一次大戦以降の戦争に関するあらゆる展示がある、いわばミリオタの殿堂。元は病院だった建物を改修したらしい。

Museumに行く前に、キングス・クロス駅の画像を一枚。
キングス・クロス駅は「ハリー・ポッター」シリーズにホグワーツ特急の始発駅として登場する。ホグワーツ特急は秘密の9番線と10番線の間の煉瓦の壁を通り抜けたところにある9・3/4番線に発着するが、実際は9番線10番線ともに主駅舎とは別の建物にあるらしい。

最初の映画が制作された際に、実際の4番線5番線が9番線10番線に置き換えられたそうだが、これがその4番線5番線の間の柱。一応、旅の記念ということで(苦笑)。

さて、Imperial War Museum の話題に戻る。今回は陸物スキーの皆さん向けに、AFV画像を中心に増量でお届けしたい。

最初は、第一次大戦系。
順に、Mk.I 戦車、B43 'Ole 'Bill'、アラビアのロレンスが乗っていたバイクのブラウ・スーペリア SS100(George VII号)。SS100は、めちゃカッコいい。

L1000655_1.jpg L1000660_1.jpg L1000680_1.jpg

次いで、第二次大戦AFV。ご存じ、M4 シャーマン、チャーチル、それからチャーチルの履帯。
チャーチルの履帯は、エラい複雑な形状…。これをキット化するのは、すごいと思う。

L1000662_1.jpg L1000663_1.jpg L1000664_1.jpg

やはり英国陸軍車両が多い。順に、M3 グラント(Monty's Grant)、最近流行りのマチルダ、それからなぜかT34/85。

L1000675_1.jpg L1000677_1.jpg L1000674_1.jpg

ドイツ物もある。ヤクトパンターの迷彩塗装は???だが、ツィメリット・コーティングって、本当にこんなのだった。後部は少し壊れているが、それもまたリアル。

L1000669_1.jpg L1000670_1.jpg L1000673_1.jpg

飛行機は、爆撃機のノーズ部分が展示。ハリファックスとランカスターのノーズが置いてある。
パイロットシートの革のクッションが印象的。ランカスターの前では、記念写真もパチリ(腹が出てる…)。

L1000688_1.jpg L1000686_1.jpg
L1000689_1.jpg L1000692_1.jpg

これらの展示はごく一部で、地下には国別の軍服や兵器等、ミリタリー・コレクションの規模はすさまじい。
こんなもの(連合国調査機関(Allied Technical Air Intelligence Unit 、略称ATAIU)に鹵獲されたゼロ戦の残骸)まで置いてあって、ちょっと複雑。

L1000681_1.jpg

ミリオタの皆さんは、ぜひ訪ねてみてください。

さて、最後にお買い物報告を少々。
このお店に行ったことは前の記事でも触れたが、実はハナンツは通販に注力しているとのことで、元々のコリンデール駅の店に比べると、店頭の品揃えはかなり見劣りする。

で、荷物になるので、買ったのはこれだけ。
CMKのマーリンエンジン、パラゴンのランカスター・ハーキュリーズエンジン・コンバージョンパーツ、エアウェイブのMk.IX魚雷、それから前からほしかったエポキシパテ"milliput"。
模型屋での購入はこんな程度で、あとはRAF Museumで買っBattle of Britain カレンダー。
日本で買えないものはないなあというのが、率直な印象。

L1000707.jpg L1000709.jpg

英国旅行記は、これで終わり。その他の写真は、Flickrにアップしてあるので、よろしければみていただきたい。長い間おつきあいいただき、ありがとうございました。

充電が終わったところで、P-61に復帰。
機首のレーダー部を金属線、ハンダやプラロッドでディティールアップし、塗装。取り付けはもっと後の方がいいのだが、たまらず固定してしまう。まずまずの出来かな(自画自賛)。

L1000704.jpg L1000705.jpg L1000706.jpg

11月のJMC展示会に間に合わせたいと思っている。
  1. 2009/10/12(月) 21:44:01|
  2. 2009 UK Visit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<P-61B 製作記-その7 | ホーム | ロンドン紀行-RAF Museum編>>

コメント

IWMも行きましたよ!大英帝国スゲーな、と素直に感動しました。マチルダが以外と小さいのに驚いた記憶があります。AVROバルカンの本を買ったように思うのですが、日本に戻ったら同じの売っててがっかりでした(^_^;
模型も含めて日本で手に入らない物はあまりないのは確かかも…。
  1. 2009/10/12(月) 22:01:11 |
  2. URL |
  3. Spitfire Mk.24 #-
  4. [ 編集]

ここもなかなかコアなところですよねぇ(笑)
フォッケやサラマンダー(でしたっけ?)が吊るしてあったり、
ゼロのコクピットが置いてあったり。

正面入り口の大砲の前で夫婦喧嘩の思い出がありまする~
そのまま帰国するの止めちゃおうかと思いますた(爆)
  1. 2009/10/13(火) 05:06:56 |
  2. URL |
  3. 作左 #jPC7I2S6
  4. [ 編集]

なんか濃いなぁ(笑)
けどやっぱりブラウ・スーペリアでしょ、私としてはw

P-61、来月見れるんですね!
楽しみにしてます(^^)
  1. 2009/10/13(火) 11:23:19 |
  2. URL |
  3. yaszo #-
  4. [ 編集]

たすけてください

世界の中心で貴方を叫ぶような恋がしたいんです。愛に飢えているゆいと恋バナ話ませんか?メアドのっけてるので気になる方は連絡頂戴ねuna-cima@docomo.ne.jp
  1. 2009/10/16(金) 19:03:48 |
  2. URL |
  3. ゆい #XJavKSok
  4. [ 編集]

Spitfire Mk.24さん

お返事が遅くなってすみません。
ここは本当にすごいですねえ。圧倒されました。
中のレストランのコーヒーが、イギリスにしては美味しかったりしました(笑)。
  1. 2009/10/17(土) 15:47:57 |
  2. URL |
  3. Kazu #9K64Lzaw
  4. [ 編集]

作左衛門さん

お返事が遅くなってすみません。
そうですねえ、コアですねえ(笑)。
ドイツ系では、V-1もV-2も置いてありましたね。
で、何が喧嘩の理由だったんでしょうか???
  1. 2009/10/17(土) 15:52:06 |
  2. URL |
  3. Kazu #9K64Lzaw
  4. [ 編集]

yaszoさん

お返事が遅くなってすみません。
ええ、かなり濃いですね。
ブラウ・スーペリアは、かなりイイと思いました。
これは、ガラスケースに収められ、特別の展示でしたよ。
Pー61は、ちと雲行きがヤヴァくなってきました(汗)。
  1. 2009/10/17(土) 15:56:50 |
  2. URL |
  3. Kazu #9K64Lzaw
  4. [ 編集]

ゆいさん

お返事が遅くなってすみません。
ちょっとたすけられないなあ。
  1. 2009/10/17(土) 16:04:31 |
  2. URL |
  3. Kazu #9K64Lzaw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aviationflash.blog110.fc2.com/tb.php/16-6f4293af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Kazu

Author:Kazu

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。